行政書士試験に合格した時の勉強法

TOP>行政書士に合格した時の勉強法

利用規約・免責事項・プライバシーポリシー

行政書士試験の時に使った参考書

以下はあくまで行政書士の亀井が行政書士試験を受けたときに使った勉強法であり、万人に当てはまる方法であるかは保証出来ません。この方法を採用するかどうかは自己責任にてお願いします。
もしこの方法使っても落ちてしまったら・・・、次がんばってください。

合格するために必要な3つのこと。

1受験すること。
冗談いってると思われるかもしれませんが、これはまじめな話です。行政書士試験は受験年度によって相当合格率が違います。このため、去年は難しかったからむりぽ・・・と思った人も今年はあれ?何でこんなに簡単なの?ということが起こりえるからです。だからあきらめずにとりあえず受けてみましょう。ひょかっと受かったりします。私もひょかっと受かったタイプです。

2過去問を勉強すること。深追いはしすぎないこと。
特に行政書士法などは同じ問題が何度も繰り返し出題されています。法令は過去問チェックが必ず必要です。私が受験したときに使った参考書はこちら

また、法令は深追いしすぎるのも危険です。特に民法などはほぼ無限に問題として考えら得る事例があるため、それらをすべて把握することは無理です。

捨てるべき問題は捨て、解ける問題は必ず解くというのが短期間で合格するためには必要です。

3試験と同じ時間を計って予想問題集を解いてみること。
これまで過去2回行政書士試験の試験監督をしましたが、どうも法例を考えすぎて、一般教養の方が書けていない人がかなりいます。つまり時間配分が出来てないって事なんですが、法令だけ出来ても一般教養の方がだめだと受かりません。

勉強の順序

法令編

試験の勉強法としてはまず行政書士試験の全体像が載っている参考書を読み、これまでの科目ごとの点数配分がどうなっているか確認します。
その上で過去問を解き、問題の傾向をつかみます。
その後、さらに時間があるのなら専門的な本に進んでいきましょう。この順序を逆にして先に専門的な本を読み、その後過去問を解くというのは時間の無駄になってしまいます。法例は同じような問題が毎年出ているので、先に専門的な掘り下げられた本を読むと不必要な知識ばかり増えてしまい、肝心の試験に出る法的な問題に追いつかないことがあります。
よってまず全体の問題傾向を俯瞰した後、過去問を解き、その後、時間があれば専門書に進む、そしてまた過去問に戻る、というのが法例のベストな勉強方法ではないかと思います。
当然力を入れるべきはこれまでの傾向上、問題数が多い分野です。

一般教養編

まずは過去問を一度読んでみます。漢字などは努力でどうにかなるものですが、国語の読解など、解ける人は解けるし、解けない人はどれだけ考えてもわからないという問題もあります。これらは大学入試のセンター試験問題と同じような雰囲気の問題ですので、センター試験の過去問を買って何問か解いてみても良いでしょう。また、国語以外も大学入試問題のような問題が結構出ます。それほど難しくはないので、教科書を引っ張り出して目を通しておきましょう。

時事問題などについてはとりあえずニュースを見ておいて、後は、現代用語集のような本を読んでおけばいいかもしれません。なんにせよ、法令ばっかりやっても行政書士試験は一般教養で落ちると言うことが良くありますから、法令と同じぐらい勉強しておくことが重要です。