慰謝料請求できる場合・出来ない場合

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー


ここで記載しているのはあくまで一般論あり、実際は個別具体的な状況により、慰謝料請求ができるかできないかは変わります。また時効・判例の変更等の問題もあります。
この点ご注意ください。


事例 慰謝料請求 詳しい情報
(定義や請求方法など)
長期間、単なる恋人として付き合っていたが相手から一方的に別れを告げられた場合 不可能 恋人間の法律問題
恋人同士が単に同棲していた場合 不可能 恋人間の法律問題
内縁状態だった場合(内縁とは事実上結婚しているが婚姻届を出しておらず、周りも結婚しているものとして扱う場合です) 可能 内縁破棄の慰謝料請求
婚約破棄 婚約者に正当な理由なく一方的に別れを告げられた場合 可能 婚約破棄の慰謝料請求
不貞行為 配偶者の浮気において自分の配偶者に請求(できない場合もあります) 可能 配偶者の不貞についての法律知識
不貞行為の相手方 配偶者に不倫をされたもう一方の配偶者が、配偶者の不倫相手に対してする慰謝料請求(これは不倫前から配偶者との夫婦関係が破綻していた場合はできないなどの細かい要件があります) 可能 不貞行為の慰謝料請求
相手に配偶者がいることを知っていたいて、相手が配偶者と別れて自分と結婚したいといっていたので付き合ったにもかかわらず、その後、自分が別れられた場合 原則不可能・例外的にできる場合もある
付き合っている恋人の子を妊娠したが中絶手術した場合における女性から男性への慰謝料請求 不可能・出来る場合もある 恋人間の法律問題
殴られるなど、暴力を受けた場合 可能 暴行の慰謝料請求

証拠集めのために興信所を利用するか否か。

行政書士亀井事務所のTOPに戻る

著作権は放棄しませんが、リンクフリーです。