境界線を越えてのびてきている木を切ってください

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー


隣の土地にある木が土地の境界線を越えて自分の敷地にのびてきている場合、民法上、その木の所有者に、枝ならばその枝を切るように請求でき、根ならば切ってしまうことができます。

ただ、裁判になると、実際にその枝が伸びていることによって損害が発生する、損害が予想されるなどの事情がなければ、この請求が認められないことがあり、また根も、それを切ることによってその木が枯れてしまうなど切ることによる損害が大きい場合や上記の枝と同じように損害が発生していなければ権利乱用として認めれられないことがあります。

このため、民法上権利があるとしても、いきなり根を切ってしまったりせず、まずは話し合いなどをしてみることが穏やかにすませるこつかもしれません。

ちなみに、枝を切ってくれと請求してもどうしても相手が拒否する場合、裁判を起こして、勝訴し、第三者(植木屋さん)などに相手負担で切ってもらうことになります。

参考条文 民法233条



TOPに戻る