支払督促の方法など

支払督促

利用規約・プライバシーポリシー

支払督促は、金銭債権、たとえば、お金の貸し借りや売掛金を回収するときに主に使われる制度です。動産の引き渡しなどには使えない制度ですが、訴訟手続きなどを行わなくとも、書面審査のみで強制執行できるという便利な制度です。ただ、相手が異議申し立てした場合は通常の訴訟に移行します。

申し立てる場所 金額とは関係なく債務者の住所地の簡易裁判所。
メリット 書類審査のみのため、異議申し立てされない限り裁判に出なくてよく、手間がかからない。
申立書の書式もたいてい裁判所に用意されているため書くのが簡単。
印紙代が訴状の額の半額なので安くできる。
郵送での申立もOK
通常の訴訟に比べて迅速に強制執行ができる
デメリット 異議申し立てをされると通常裁判に移行してしまう。債務者が遠くに住んでいる場合、その土地で裁判が始まってしまうため、異議申し立てされるとそこまでいかねばならない。
相手がどこに住んでいるかわからない状態の場合、この制度は使えない(公示送達が出来ないため)。
これを行うと相手がびっくりするので取引関係が壊れやすい。


TOPに戻る