行政書士の守秘義務

行政書士法(秘密を守る義務)

第十二条

行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。

第二十二条 第十二条の規定に違反した者は、一年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

行政書士はこのように法律によって、仕事上知ることになるお客様の秘密を守ることが義務づけられているので、問題に対して安心して依頼することがあります。基本的に領収証は亀井健士個人名で出します。個人情報保護の重要性が高まる中、行政書士亀井事務所ならそれは安全です。

秘密が守れる相談窓口へ行く!


利用規約・プライバシーポリシー