相続によくある間違い

本サイトの利用規約・プライバシーポリシー

相続によくある間違い

皆さん、同じような勘違いをされている場合が多いです。その例をあげていきたいと思います。

(なお、当事務所は行政書士事務所なので税金の個別相談は行っておりません。もし徳島県内のお客様なら私の知り合いの税理士を紹介いたします。)

よくある間違い 実際は
親が亡くなって相続をするときに兄弟ともめたせいで遺産分割協議をしないまま何年も過ぎた。ほとぼりも冷めたようなので遺産分割協議をしたいが協議すると相続税がかかりそうで不安。 相続税は相続開始の翌日から10ヶ月以内に被相続人の住所地の税務署に申告し、納税せねばなりません。ということは相続の申請期限から何年もたっているとすると、もともと相続財産が基礎控除内であったため、相続税自体を収める必要がなかった可能性が非常に高いです。もし、遺産分割した時に納税しなければならないのだとすると、遺産分割しなければ永遠に相続税を支払わなくてもいいということになってしまいます。税務署はそんなに甘くありません。
知らないうちに兄弟が遺産分割協議書を作ってしまい、相続財産である土地を兄弟との共有にされてしまった。その証拠に、固定資産税を支払えと書類が送られてくるが、宛名が「亀井健士その他2名」となっている。 不動産の登記の場合、遺産分割協議書には、相続人全員が署名、実印を押印し、さらにその実印の印鑑証明を添付しなければなりません。兄弟が、あなたの実印と印鑑登録カードを勝手に持ち出せる状態であるならありえないことでもないですが、それではないとすると、まだ遺産分割が行われていないので、登記簿には被相続人が所有者のまま載っており、所有者が死亡しているにもかかわらず名義が変わっていないので、役所が相続人で共有している状態とみなし、その宛名で送ってきている可能性があります。遺産分割はいつ行ってもいいものです(遺産分割が遅れると税制上不利になることがありますが)。