本サイトの利用規約・プライバシーポリシー

遺言執行者

ドラマなんかではお金持ちが死ぬと、行政書士や弁護士がじゃじゃ〜んと出てきて遺言書を遺族に読み聞かせるシーンがありますよね。あれは単に遺言書を預かっている場合もありますが、ほとんどが遺言執行者になっているから彼らは出てくるのです。


遺言執行者とは遺言に書いてあることを実現する人のことです。財産の管理や、相続財産である預金口座を相続人名義に書き換えたり、土地の登記を相続人に書き換えたり遺言執行に必要な一切のことをする権利を持ちます。

遺言執行人をなぜ決めるかと言えば、たとえ遺言を残していたとしても、遺言に書かれていた財産の分配に不満がある相続人は遺産分割を妨害したり、遅らせたりすることが多いからです。せっかく遺言を残してもその通り分配されなくては意味がありません。それを実現するために遺言執行者は存在します。

遺言執行人になれる人 破産者・未成年者以外なら誰でも
遺言執行人が必ず必要な遺言内容 認知・廃除など

相続争いが起こることが予想される場合、遺言書には遺言執行者の指定をすることが重要です。

遺言執行者・遺言作成の依頼はこちらから